ちょい足しっ!ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょい足しっ!ブログ

人生に何かちょい足しで楽しく!

【2016/10/9】世界の気になるニュース / 出来事

本日の世界の気になるニュース / 出来事です。

 

まず、最近気になる点3つ
・アメリカの大統領選の影響
・イギリス含む欧州の政治・金融リスク
・原油価格(そろそろ話題は落ち着きそう) 

 

日本から

働き方改革から1つ出てきた。
バンっ!職業訓練の支援!、、、効果ある?

働き方改革の一環で、国の職業訓練の支援を厚くするとか。

目的は、

・正規社員の増加

・生産性の増加

・そして、正規雇用による収入の安定にて、出生率減少の歯止め

あたり。

 

対象は、よく調べてないけど、簿記検定とかみたい。

中小企業診断士も対象になっているなら嬉しい。 

 

 どっちかというと、正規社員を見たというより、非正規社員に焦点を当てる改革。

ただ、女性が直面する104万の壁をむしろどうにかしないと意味ないよね。

 

正規社員は労働時間がメインになるけど、別に生産自体は先進国に比べて高いわけじゃない。そこと同時に対応できるかどうか。

 

スウェーデンとかドイツとかオーストリアとか参考にすればいいっていうのが聞こえてきそう。

 

アメリカ

ヒラリーさん、大統領選の資料流出 

ウィキリークスで予定されていたことだけど、ヒラリーさんの意見、背景が見えるから貴重。ただ、全部真に受けるのは危険。

 

特に気になるのは、グローバル化推進派なのかどうか。

流失した資料の情報だと、当時はグローバル派だね。TPPも賛成の立場。

 

ただ、政治的にはナショナリズムの流れが強いから、旗をひっくり返している。

最終的には、TPPもTIPP(欧州との自由貿易)も実現されるけど時期は後ろにいくんだろう。

 

もちろん、ヒラリーさんがガラスの天井をぶち破れば。

 

サイバー攻撃のレベルはホワイトハウスからも情報を抜ける

なんか気になったニュース。

ロシアのハッカー集団がホワイトハウスから情報を抜いたらしい。

 

シリアの停戦協定の崩壊といい、サイバー戦という2国間はひえひえ。

ただ、トランプはプーチンを賞賛しているから、トランプが大統領になったらと思うと、、、あんま関係は変わんない。

むしろ、プーチンを賞賛がまた爆弾かな。

 

欧州

イギリスが写すナショナリズムな政治 

最近になって、イギリス政府の今後の行動の方向性が見えてきている。

内外で強烈な保護主義が匂う。

 

まぁでもそこらへんは過去の記事で触れているんで省略。

まぁ新しいことはないけど、本格化するイギリスの離脱問題は警戒。

 

 

 日曜ということもあり、そんなに真新しいことはなし。

1週間分の記事ができているから、そこらへんを見直してまとめようかな。

来週に備え。

 

 

ではでは〜

広告を非表示にする